国際ロータリー第2740地区オフィシャルウェブサイト

2020-2021年度 ガバナー補佐挨拶(第7グループ)


高木義和(島原RC)第7グループガバナー補佐

高木義和ガバナー補佐
高木義和
ガバナー補佐
 ガバナー補佐の重責を拝命した時「我々は世界の為人の為に綱領実践の使命を果たすべく、この一年をしつかり活動するよう」激励して戴きました。

 2740 地区28年間の歴史には分区代理やガバナー補佐多くの先輩たちが地域クラプの声を聞きサポー トし弛まぬ努力を惜しまず、クラブの強化発展に尽くして来られました。その歴史を継承してこられた先輩達に敬意を表し助言を仰ぎ苦言をも糧にして地域社会への奉仕や世界平和への寄与となって、ロータリーの目的が達せられるよう確固不抜の志で注力いたします。

 ロータリー在籍23年という浅い経験、しかも浅学非オの私にとって出来うる事は、まずクラブの声を十分に聞き信頼を得て、活性化されたクラブの方向が地域に密着した戦略計画を進められているか、今までの状況を理解して積極かつ前向きな姿勢で見守り、地区の方針も提案してまいります。

 第7グループ(178名 19.12 現)は大村島原の飛び地で IM 以外の交流が薄く感じられます。以前の第5分区のような大村、諫早、島原といった県央県南としての広範囲の地域観を持ち、 お互いの活動がより広がることを希望します。 2013年16年、19年規定審議会の多くの変更決議が採択されました。E クラブ、衛生クラプ、RAC年齢撤廃,職業分類廃止、DLP、入会金、十数年に渡る分担金値上げ等組織に及ぼす懸案ばかりです。

 また、2740地区においても組織変更が毎年続き混乱しています。第7グループ各クラブは親睦交流し信頼を深めこれらの変更が単なる変更ではなく、革命となるようクラプの基盤を築き五つの価値観を持って Take Action Together 共に行動しましょう。
 世界中新型コロナウイルスで混乱する沢水困、臥薪嘗胆の渦の中、花島ガバナ一年度を発進達成せねばなりません。この危機に対しロータリーの凡ゆる機動力と徹底した危機管理を下に、怯むことなく戦い抜きましょう。



ガバナー補佐一覧に戻る

2740地区概要

地区委員会

ダウンロード & リンク