国際ロータリー第2740地区オフィシャルウェブサイト

2020-2021年度 ガバナー補佐挨拶(第1グループ)


古川眞澄(多久RC)第1グループガバナー補佐

古川眞澄ガバナー補佐
古川眞澄
ガバナー補佐
 2020-21年度のガバナー補佐を任命されました第1グループ多久ロータリークラブの古川眞澄と申します。浅学非才、ロータリーの勉強をもっとしておけばよかったと今更ながら後悔をしております。在籍年数だけ重ねて33年目になりました。

 私にとって今年は節目の年、満70歳を迎えることになり思い切ってガバナー補佐を引き受けることに致しました。

 尚、今年度は日本のロータリークラブにとって記念すべき年であり、東京ロータリークラブが創立百周年を迎えます。記念の年や節目の年にガバナー補佐をすることになり、一層気をひきしめて頑張りたいと思っております。

 年当初よりコロナウィルスによって世界の社会情勢が非常に緊迫した状況になっています。ロータリーの活動も長い間停滞しており、この状況が長く続く可能性もあります。社会システムも大きく変わる可能性があります。

 早くこの状況が沈静化し、早期にロータリー活動が従来通り再開できるようになることを祈るばかりであります。

 ボルガ-・クナークRI会長のテーマ「ロータリーは機会の扉を開く」は「私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いています」とクナーク会長は言われています。私たちロータリアンが多くの機会を利用し、多くの人々に機会を与えることができるようになればと思います。

 花島ガバナーが掲げる2740地区のビジョン実現と、それぞれのクラブが目標を達成することができるよう、ガバナー補佐としてサポートに努力し、皆様の地域の活動がスムーズにできるよう、皆様と共に頑張っていきたいと思っております。経験も知識も不足なガバナー補佐ではありますが、第1グループの会員の皆様の力を借りまして不足をカバーし、各クラブの目標達成の一助になれるよう頑張る所存であります。皆様のご支援ご協力を心よりお願い申し上げます。


ガバナー補佐一覧に戻る

2740地区概要

地区委員会

ダウンロード & リンク