学友リーダー会報
2017年9月 学友リーダーのためのヒントとアドバイス

学友参加推進週間、準備はいいですか? | 10月2~8日

学友参加推進週間(Reconnect week)は、世界中のロータリー学友とつながる絶好の機会です。ロータリーとのつながりをなくした過去のプログラム参加者は、クラブ例会を訪問したり、奉仕活動に参加したりすることで、つながりを新たにすることができます。それにより学友は、ロータリーが地元で、また世界中の地域社会でもたらしている変化に再び貢献できます。また、会員と学友は、共にロータリーの奉仕の理想をさらに実現する道を見出すことができます。

皆さんはネットワークの構築を目的とした行事を企画したり、学友を次のクラブ例会に招待したり、奉仕プロジェクトを計画したりと、一緒に行動を起こすことができます。学友とつながりを保っている場合は、新しい会員やネットワーク機会を開拓するだけでなく、実績ある学友がロータリーを通して社会貢献する新しい道を見つける手助けができます。

学友参加推進週間に向けて、皆さんとクラブ会長より、以下のようなメッセージで地区または地域の学友に連絡をお取りいただけますようお願いいたします。

これまでにロータリーのプログラム(青少年交換、ロータリーの奨学金、ローターアクト、インターアクトなど)に参加された方々(「学友」と呼ばれます)は、学友参加推進週間(10月2~8日)に、ロータリーの活動に再び参加してみましょう!ロータリーの活動に参加することで、社会貢献への新しい道を見つけ、ほかの学友仲間とのネットワークを築き、ロータリーならでの多くの機会について知ることができるでしょう。地元のロータリークラブに連絡し、どのような参加の機会があるか問い合わせてみましょう。また、ロータリーの最新情報を日本版ロータリー公式フェイスブックページからご覧ください。
学友参加推進週間の関連情報

ニュースとイベント

元ローターアクターのロータリー奨学生が国際大会で講演

ロータリー奨学生で元ベルリン・ローターアクトクラブ会長のブリタニー・アーサーさんがアトランタでのロータリー国際大会で情熱的なスピーチをしました。彼女の話は、学友がロータリーの内外でもちうる影響力について深く理解し、多くのロータリー学友を通したロータリーの未来に焦点を置いたものでした。国際大会に参加されなかった方は、以下のビデオをご視聴になり、地区やクラブでご紹介ください。

スピーチを視聴する
学友をロータリープログラムに招待しよう

第9910地区の学友委員長・イレーヌ・ミードさんが、成功を収めたRYLAプログラムについて最近ロータリー地区学友委員長フェイスブックグループに投稿しました。第9910地区はイベント後の学友向け朝食会を主催し、最近のRYLA参加者による参加体験とその影響に関する発表が行われまいた。

皆さんの地域で、学友と協力して現プログラム参加者へのサポートを行っている例がありましたら、ぜひ学友委員長向けのフェイスブックグループでシェアしましょう!

トロント国際大会での分科会の提案

ロータリー国際大会でほかの参加者と共有したいアイデアやプロジェクトがありますか? あるという方は、トロント国際大会で分科会を主催してみてはいかがですか?  詳細はこちら

分科会は、参加者のインスピレーションを刺激し、リーダーシップスキルの向上を促し、プロジェクト、資金調達、会員増強などに役立つ新しいアイデアを与えることができる特別な機会です。学友と一緒に、ロータリーの未来にとっての学友の重要性を大会参加者に伝えましょう。関心のある方は、10月1日(日)までに提案書をご提出ください

ご質問はconventionbreakouts@rotary.orgまでご連絡ください。

提案書を提出する

学友会の最新情報

 
  • たくさんの学友会が新たに誕生しました! 今年の3月から、日本(第2650地区、第2660地区、第2780地区)、スウェーデン(第2320~2410地区)、ドイツ(第1800地区)、インド(第3142地区)、スペイン(第2201地区)、ベネズエラ(第4370地区)、アルゼンチン(第4905地区)に新しい学友会が設立されました。これらの学友会のいくつかは、ロータリーの青少年プログラムの学友が中心メンバーとなっています。
  • ドイツの学友会(Rotary Foundation Alumni Deutschland)は2017年5月、ハンブルグで年次会合を開きました。この会は全国規模で、ロータリー奨学金の大学、一般、そしてドイツのロータリーコミュニティーへの推進の継続を計画しました。また、以前の青少年交換参加者やその他のロータリー青少年プログラムの学友を含む他の学友も参加できるようにしました。
  • 日本の第2660地区学友会は8月、5月の初会合に続き、大阪すべての学友を対象とするイベントを開きました。イベントは2日間にわたり、ロータリアンおよびRYLA、青少年交換、ロータリー奨学金、GSE(研究グループ交換)の学友50人超が参加しました。
  • 前回の最優秀学友会賞を受賞した第4920地区学友会(Rotary District 4920 Alumni Association)は、アルゼンチンとアメリカ(イリノイ州)間の姉妹校交換の支援を続けています。そのプログラムは数年前、アルゼンチンのギレルモ・サラさんが作成しました。彼は元ロータリー青少年交換学生としてイリノイ州シカモアに留学しました。
 
今後の日程

10月1日:ロータリー国際大会の分科会提案書の提出締切日

10月2~8日:学友参加推進週間

 
 
 
 fb

c Rotary International
One Rotary Center, 1560 Sherman Ave., Evanston, IL 60201-3698, USA